ハウスダストを対策するには…?

寝室はハウスダストの宝庫!?正しい対策で快眠を手に入れよう

ぐっすりと眠って心身ともに休めたいのに、鼻水やくしゃみ、皮膚のかゆみなどアレルギー症状が出てしまうという人は、寝室のハウスダスト対策をすることをおすすめします。

寝室は、布団やシーツ、まくらなどの布製品が多く、洋服ダンスやクローゼットなど衣服を収納するスペースを併置していることも多いのでほこりが溜まりやすい場所です。

寝室のハウスダスト対策としておすすめなのが、できるだけ物を少なくすることです。

飾りの置物や本、ベッドの下に置いてある物などを取り除き、隅々まで掃除機をかけることができるようにしましょう。

物があるところにはほこりが溜まりやすいので、物をできるだけなくすことがポイントです。

換気をすることやリネン類をこまめに洗濯することなど、日頃から衛生に気を付ける習慣をつけることをおすすめします。

ピックアップ記事

アレルギー記事

  1. 子供の咳が続いたら、ハウスダストアレルギーの可能性…
  2. ハウスダストアレルギーは何歳から発症するの?
  3. アレルギーの原因はコレ!ハウスダストの中のアレル物…

人気記事

PAGE TOP