ハウスダストを対策するには…?

ハウスダストアレルギーは何歳から発症するの?

乳幼児のアレルギーでは、最初は食物が原因物質になっていることが多いのですが、次第にはハウスダストが原因物質になっていくと言われています。

一般的には2歳を過ぎたころからハウスダウストが原因のぜんそくやアレルギー性鼻炎、皮膚炎などが増えてくると言われていますが、最近では1歳児や2歳児でもハウスダウトが原因のアレルギー症状を発症する事例が増えてきているようです。

原因物質を取り除くことが、ハウスダストアレルギーへと発展させないことが大切なので、衛生環境を整えるようにすることが大切です。

特に食物アレルギーがある子供は、原因物質が増えていく傾向があるため、物を床やテーブル、棚の上などに置かず、こまめにほこりをと除くようにしましょう。

ピックアップ記事

アレルギー記事

  1. ハウスダストアレルギーとは?
  2. 重症化したらどうなるの?ハウスダストアレルギーの話…
  3. アレルギーの原因になるハウスダストとは?

人気記事

関連リンク

  • 企業主導型保育園

    『湯川こいこい保育園』は福岡の小倉北区にある企業主導型の保育園です。子どもが大好きな先生方が、子どもの人を思いやる心や、新しい遊び方を作り出す意欲を見つけて、しっかりと育んでくれます。子どもが「保育園楽しかった!」と笑顔で帰ってくる保育園です!

    www.koikoihoikuen.com/

PAGE TOP