ハウスダストを対策するには…?

ハウスダストアレルギーの検査方法とは?

ハウスダストアレルギーかどうか、まずは血液検査を行います。

これで陽性ならばアレルギーを持っているということ、ですが100パーセント確実とは言えず陰性となることもあるのです。

IgE抗体の値が高くとも必ずしも症状に現れることもなく、1つの検査で分かるのは大まかな結果だけです。

陰性だけれどもダニが疑わしいというならば、次は皮膚テストです。

ダニのエキスを直接つけてその反応を見るのです。

原因が特定されれば防御しやすくなります。

その後はお部屋を綺麗にするのはもちろん、それでも改善しないのであれば投薬やレーザーによる治療・アレルゲン免疫療法などの措置が取られることとなります。

動物や食べ物と違い、小さなダニは完全回避は難しいからです。

ピックアップ記事

アレルギー記事

  1. ハウスダストアレルギーになると鼻水が出るのは何故?…
  2. 子供の咳が続いたら、ハウスダストアレルギーの可能性…
  3. 重症化したらどうなるの?ハウスダストアレルギーの話…

人気記事

PAGE TOP