ハウスダストを対策するには…?

ハウスダストによる症状を緩和させる方法は?

ハウスダストは様々なアレルギー症状を引き起こし、鼻炎や結膜炎、皮膚炎の原因となることもあります。

原因のわからないアレルギー症状が続く場合、ハウスダストによって引き起こされている可能性も少なくありません。

症状を緩和するには、原因となるハウスダストとの接触を少なくすることが大切です。

具体的には、こまめな掃除でホコリやダニなどが繁殖しないようにし、ダニのエサとなるフケやアカが溜まらないよう洗濯や入浴もきちんと行います。

ダニは湿気のある空間を好みますので、室内を定期的に換気したり、風通しの良くない場所を作らないように気を付けましょう。

寝具は最もハウスダストが作られやすい場所ですので、布団乾燥機をかけたり、掃除機で吸い取るといった工夫が必要です。

ピックアップ記事

アレルギー記事

  1. ハウスダストアレルギーは何歳から発症するの?
  2. アレルギーの原因になるハウスダストとは?
  3. アレルギーの原因はコレ!ハウスダストの中のアレル物…

人気記事

PAGE TOP